保険見直しのポイント

保険を見直す際に気をつけるべきこととして、人によってベストな保険の内容が異なる点です。同じように夫婦と子どもが2人いる家族であっても、加入すべき保険は違うものです。持ち家なのか借家なのか、共働きなのか、子どもが通っている学校は公立か私立かなど様々な要素で必要な保険金も異なってきます。持ち家でローンが残っていても団体信用生命保険に加入しているため、ローンの残債が全て支払いが免除されます。ですから、持ち家の人は住居費が不要となります。他にもがん家系の人であればがん保険も検討する必要があります。このように、家庭によって加入する保険の内容が異なるのです。

このように加入するべき保険が様々であるために、どれに加入すれば良いかわからなくなった時にはファイナンシャルプランナーや保険窓口に相談をして第三者に相談するのがおすすめです。保険商品に詳しくなっていますし、家系や家族構成といったものを総合して自分にあったものを選び出してもらえますからセカンドオピニオンとして利用することはとても有意義なのです。保険窓口への相談となると、自社商品を勧められる不安があるものです。しかし、最近の無料相談窓口であれば複数の保険会社が合同出資して運営しているのでどこかだけが優遇されるということなく正しく適切な保険のアドバイスがもらえます。

外部サイト「かぞくのみかた
家族の保険の見直しをサポートしている相談窓口です。

Comments are closed.