保険を見直す際に気をつけるべきこととして、人によってベストな保険の内容が異なる点です。同じように夫婦と子どもが2人いる家族であっても、加入すべき保険は違うものです。持ち家なのか借家なのか、共働きなのか、子どもが通っている学校は公立か私立かなど様々な要素で必要な保険金も異なってきます。持ち家でローンが残っていても団体信用生命保険に加入しているため、ローンの残債が全て支払いが免除されます。ですから、持ち家の人は住居費が不要となります。他にもがん家系の人であればがん保険も検討する必要があります。このように、家庭によって加入する保険の内容が異なるのです。

このように加入するべき保険が様々であるために、どれに加入すれば良いかわからなくなった時にはファイナンシャルプランナーや保険窓口に相談をして第三者に相談するのがおすすめです。保険商品に詳しくなっていますし、家系や家族構成といったものを総合して自分にあったものを選び出してもらえますからセカンドオピニオンとして利用することはとても有意義なのです。保険窓口への相談となると、自社商品を勧められる不安があるものです。しかし、最近の無料相談窓口であれば複数の保険会社が合同出資して運営しているのでどこかだけが優遇されるということなく正しく適切な保険のアドバイスがもらえます。

外部サイト「かぞくのみかた
家族の保険の見直しをサポートしている相談窓口です。

保険の見直し時期として、基本的には変化のある時が挙げられます。結婚や出産といった家族が増える時には特に男性は一家の大黒柱となるために自分に万が一があった時に家族が生活できるような保障にしておく必要があります。死亡すれば、子どもが成人するまでの生活費と教育費を保険で捻出する必要があります。病気で入院して仕事を休むことになった時のためにも、死亡保障だけでなく医療保障についても検討する必要があります。子どもの人数や子どもに必要な教育費によっても異なるので、家族の生活に応じた保障を選ぶことが重要です。

次に、保険料の支払いができないということで悩むこともあります。仕事の都合で給与が減給されたり月々の生活が苦しくなってきたりすれば保険料を支払うことが難しいこともあるのです。そのような時には保険をやめることはもったいないですから、家計にあった保険に切り替えることも一つの方法です。保険は途中でやめてしまえば加入している保険会社のものであれば切り替えれば今までの加入歴を引き継げることもあります。もちろん、保険商品はさまざまなものが販売されていますので、場合によっては新しいものに切り替えることも有効なので状況によってベストな物を選ぶことが重要です。

私たちは生活して行く中で、結婚をしたり子どもが生まれたりと状況が様々に変わっていきます。そして、そのようなポジティブなイベントだけでなく、昨今の景気の悪さや雇用状態の悪化から給与が減ってしまったり、それどころか仕事を失ってしまったり、心や体の調子を崩して病気になって仕事を休んだり入院したりと言うことが出てくることもあります。このような私たちの生活に起こる様々なことに対して支えてくれるのが保険です。

保険は人生の中で大きな買い物とされ、家や車と同じくらいの買い物だと言われています。加入したらそのままではなく場合によっては他の保険会社のものへ切り替えたり加入している商品を変更したりする必要があります。このような変更が必要な場面は意外と多く、その際にどのような商品に変更をしたら良いかもわからなくなってしまうものです。そこで、ここではこれから保険見直しを考える人にとって、見直しをするべきタイミングと保険を見直す際にどのようなところに注目すれば良いのか、また、見直しをする際に迷ったらどうすれば良いのかも紹介していきます。

保険というのは万が一の時のために加入するものであり、使わない方が嬉しいものです。しかし、実際には困った時に支えになるためにしっかりと考えて自分にあったものに加入しておく必要があります。何か起きてから加入すべき保険が違ったと焦っても遅いですから、ぜひ早めの何もない時にこそ保険の内容を見直しておきましょう。